JBA

JBA



試合日程・結果

準決勝中国 vs 日本

試合データ

開催場所 Kanteerava Indoor Stadium (インド・バンガロール)1 コミッショナー Fadhel ALI (BRN)
試合区分 準決勝 主審 Rabah NOUJAIM (LBN)
開催期日 2017年07月28日 副審 Snehal BENDKE (IND)、Yevgeniy MIKHEYEV (KAZ)
開始時間/終了時間 17:15 / 19:30

ゲームレポート

中国
通算4勝1敗/A1位
71 15 1st 18 74 日本
通算4勝1敗/B2位
17 2nd 14
23 3rd 22
16 4th 20

「FIBA女子アジアカップ2017」は5日目。日本は大一番となる準決勝、2年前の決勝の再現となった中国戦。立ち上がり、中国に先行されるも、点の入れ合いが続き、5点差以内で試合が進んでいく。互いに好プレイを出し続け、32-32の同点で前半終了。後半に入っても、拮抗した試合展開が続くが、第4ピリオド、高さを生かしたゴール下や3Pシュートで中国が連続得点を挙げ、この試合で最大得点差の9点差に開く。しかし諦めない日本は、#0長岡の速攻、#1藤岡の3Pシュートで追い上げると、残り3分5秒、#1藤岡のアシストから#8髙田がバスケットカウントを決め、71-69の逆転に成功する。すぐに中国に返されるも、日本は#52宮澤が大金星となる3Pシュートを沈め、74-71。その後、果敢に3Pシュートを放つ中国を抑えた日本は74-71で勝利し、3大会連続で決勝進出を決めた。

第1ピリオド、中国が#9ZHAOのドライブインからバスケットカウントで先制。中国に先行されるも、日本は激しいディフェンスで相手に良い形でシュートを打たせない。序盤こそミスが続いた日本だが、この試合で初先発を任された#1藤岡がドライブを仕掛け、応戦する。開始5分で6-7とロースコアとなるが、#52宮澤、#30馬瓜が相手のファウルをもらい、フリースローを確実に沈めて、10-10の同点に追いつく。18-15、日本リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、日本はディフェンスのピックアップミスから、中国に3連続ゴールを許し、開始2分で18-21と逆転された日本はタイムアウトを要求。その後も良いディフェンスを見せる日本だが、自分たちのオフェンスリズムを掴めず、点が動かぬまま、開始5分、20-24で日本が追いかける。日本は#1藤岡、#13町田の2ガードで徐々にリズムを取り戻すが、残り1分13秒、30-30の同点に。その後、互いに1本ずつ決め、32-32の同点で前半終了。

第3ピリオド、開始早々、#1藤岡のキックアウトから#0長岡の3Pシュートで先制。その後も#1藤岡を起点にパスをさばき、合わせのプレイで得点を重ねていく。開始5分で43-42と拮抗した時間帯が続くが、中国は高さを生かしたゴール下、また2本の3Pシュートを決める。終盤は互いにシュートを決め合う好ゲームとなるが、日本は#52宮澤の3Pシュート、#0長岡のミドルショットを決める。終盤、54-55と1点ビハインドで最終ピリオドへ。

第4ピリオド、立ち上がり、日本は#1藤岡のドライブインで逆転するが、中国も高さを生かしたゴール下、3Pシュートでリードを渡さず、開始2分15秒、56-62と6点差に離されたところで日本はタイムアウト。しかし日本のシュートが決まらず、その間に#16LIのゴール下、#7SHAOのバスケットカウントによる3点プレイで58-67と、この試合最大得点差の9点差に。しかし#0長岡の速攻、#1藤岡の3Pシュートで追い上げると、残り3分5秒、#1藤岡のアシストから#8髙田がバスケットカウントを沈め、71-69の逆転に成功。すぐに中国に入れ返されるも、日本も#52宮澤が大金星の3Pシュートを決めて、74-71。中国はタイムアウトを要求し、シュートを狙ってくるが、日本がきっちり守り切り、タイムアップ。74-71で日本が逆転勝利し、決勝戦に進出した。

アジア3連覇まで、あと1勝。
次戦、明日7月29(土) 20:00(日本時間 23:30)より、決勝戦をオーストラリアと対戦する。

スケジュールSCHEDULE

7月23日(日) 13:15 TIPOFF
第1戦

フィリピン

55-106

日本

7月24日(月) 15:30 TIPOFF
第2戦

日本

70-56

韓国

7月25日(火) 13:15 TIPOFF
第3戦

日本

74-83

オーストラリア

7月27日(木) 17:45 TIPOFF
準々決勝

日本

73-54

チャイニーズ・タイペイ

7月28日(金) 17:45 TIPOFF
準決勝

中国

71-74

日本

7月29日(土) 20:00 TIPOFF
決勝

日本

74-73

オーストラリア

※時間=現地時間(日本時間 -3h30m)

LINE@でつながろう