JBA

JBA

ニュース

RSS 一覧へ

【現地レポート】大会5日目 準決勝 女子日本代表は74-71で中国との激戦を制し、3大会連続で決勝進出 -アジア3連覇に王手をかける-

2017年7月29日

 インド・バンガロールで開催されている「FIBA女子アジアカップ2017」は5日目。順位決定戦と準決勝の2試合が行われ、AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームは、準決勝で中国と対戦しました。

 中国となると、2年前の前回大会では予選ラウンド、決勝戦と2度の対戦でいずれも勝利した相手。特にオリンピック出場がかかった一戦、決勝戦では85-50で35点差をつけて大勝したことも記憶に新しいところです。それだけに、前回大会で2敗を喫した中国は『打倒・日本』を掲げて挑んできました。

得点、パス、声を出して引っ張るなど勝利の立役者となった#1藤岡 麻菜美選手

得点、パス、声を出して引っ張るなど勝利の立役者となった#1藤岡 麻菜美選手

 そして迎えた今大会初対戦となった準決勝、試合は序盤から相手の得意な動きを封じる激しいディフェンスや攻めては速い攻撃など体力勝負となり、第1ピリオドから両チームともにめまぐるしくメンバーが代わります。そのような中、日本は#6大﨑 佑圭選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)、#8髙田 真希選手(デンソー アイリス)らがコツコツと得点。さらに、この試合、ケガの影響で大事を取った#12吉田 亜沙美キャプテン(JX-ENEOSサンフラワーズ)に代わり、スターターに抜擢された#1藤岡 麻菜美選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)が躍動します。#1藤岡選手はドライブからの得点など、第2ピリオドでも自らの得点でチームをけん引。また、チームとしては、3Pシュートが1本も入らず、苦しい状況が続きましたが、201cmを擁する中国のセンター陣を絶妙なダブルチームで防御するなど、攻防において踏ん張った日本は、前半を32-32の同点で終えました。

相手の大型センターへ#6大﨑 佑圭選手(左)と#13町田 瑠唯選手(右)のダブルチーム

相手の大型センターへ#6大﨑 佑圭選手(左)と#13町田 瑠唯選手(右)のダブルチーム

 決して日本のリズムでないながらも前半を同点とした日本は、後半になると「落ち着いてプレイできた」というトム・ホーバスヘッドコーチの言葉どおり、得点ペースが上がります。前日の準々決勝で28得点を挙げた#0長岡 萌映子選手(トヨタ自動車 アンテロープス)は、前半こそ無得点でしたが、後半になると、オールラウンドな動きで奮闘。自らの役割と認識している速攻を主体に得点を奪い、流れを引き寄せました。それでも中国も負けられない意地をプレイにぶつけ、最大の強みであるインサイドを軸に、第4ピリオドには一時9点のリードを奪いましたが、日本は「我慢、しつこいバスケットができました」とホーバスヘッドコーチが言うように、激しいディエンスやリバウンドから活路を見出すと、リバウンドやルーズボールで得たセカンドチャンスを確実に得点につなげ、中国を試合終盤に捉えます。すると、最後は残り1分56秒、#52宮澤 夕貴選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)が決めた3Pシュートが決勝点となり、74-71で勝利。大接戦を制して決勝進出を決めました。

 前日のチャイニーズ・タイペイ戦(準々決勝)の後には、「まだ日本らしいバスケットができていないので、それを見せたいです」と、語っていたトム・ホーバスヘッドコーチ。準決勝でのトランジションの速い攻撃や粘りのディフェンス、またリバウンドやルーズボールに果敢に飛び込む姿には「日本らしいバスケットができたと思います。チャンスがあれば走る。(アップテンポな)ペースだったと思います」と、笑顔を見せていました。

決勝点となる3Pシュートを決めた#52宮澤 夕貴選手は、積極的にリバウンドにも絡んだ

決勝点となる3Pシュートを決めた#52宮澤 夕貴選手は、積極的にリバウンドにも絡んだ

 これで3大会連続で決勝進出を決めた日本。その決勝では今大会から参戦している強豪オーストラリアと、FIBA女子アジアカップの金メダルを目指して戦います。「心は熱いけれど、頭はクールにちゃんと分析しながらできました。絶対優勝します!」と力強く発するのは19得点、8リバウンド、14アシストという脅威の数字を残した#1藤岡選手。またベテラン#6大﨑選手は、「周りに助けられてここまできたなと思うので、明日の決勝は自分が周りを助けてあげられるようにしっかりと自分の仕事を明確にし、シュートも入るまで打ち続けるようにしたいです」と気持ちを入れ替えていました。

 「今日の準決勝はもう終わりました。だから選手たちは寝る前に(頭を)切り替えて、次はオーストラリア。明日も我慢してしつこいバスケットをする。それしかありません。自分のこともチームメイトのことも信じて戦うだけです」と、トム・ホーバスヘッドコーチは決勝を見据えます。

キャプテンの#12吉田 亜沙美選手はケガの影響で不出場となるも、ベンチから声を出し続けた

キャプテンの#12吉田 亜沙美選手はケガの影響で不出場となるも、ベンチから声を出し続けた

 アジアの頂点まであと一つ。アジア3連覇を目標にここまで戦ってきた「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームは、最後の最後まで、チーム全員、総力戦で戦い抜きます!

■FIBA女子アジアカップ2017 大会5日目

【試合結果】準決勝
7月28日(金) 17:45(日本時間 21:15)~
日本(通算4勝1敗/B2位) ○ 74-71 ● 中国(通算4勝1敗/ A1位)
(18-15, 14-17, 22-23, 20-16)

▼BOXスコア
http://fibaasiacup2017-women.japanbasketball.jp/pbp_team?schedulekey=3416&period=18&site=2

▼ゲームレポート
http://fibaasiacup2017-women.japanbasketball.jp/report?schedulekey=3416&site=2

▼Live Stats
http://www.fiba.com/womensasiacup/2017/2807/China-Japan

【試合後コメント】
◆トム・ホーバス ヘッドコーチ

 今日の日本チームは、我慢して、しつこいバスケットをしました。前半を終えて、#0 長岡が0点、インサイドプレイヤーの得点もあまり入らない、リバウンドは9本も差がありました。それでもハーフタイムで32-32の同点だったので、後半からは落ち着いてでき、外のシュートも入って、自信を持ってプレイできました。
 (今日のゲームで勝てた理由は)セットプレイやディフェンスとかではなく、気持ちです。我々は絶対にそこで負けたくなかったです。

◆#1 藤岡 麻菜美 選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)
 素直にうれしいです。大学時代で(キャプテンとして)やっていたように、チームを引っ張るというのは、リュウさん(吉田亜沙美選手)に比べたら、まだまだ何も出来ていませんが、そういう強い気持ちだけもって試合に臨みました。
 (クロスオーバーが良く決まったが)あれは自分の持ち味なので、出来る限りやり続けて、それでチャンスメイクができたのでよかったと思います。

◆#1 髙田 真希 選手 (デンソー アイリス)
 まず勝てて良かったことと、次につなげられたことが良かったです。(第4ピリオド中盤に最大9点差あったが)まだ時間もあったので、そんなに点差は気にしていなかったですし、自分たちの方が足が動いていたので、いつか中国はバテるだろうと思っていました。

■FIBA女子アジアカップ2017 大会最終日(6日目)

【試合日程】決勝
7月29日(土) 20:00(日本時間 23:30)~
日本(通算4勝1敗/B2位) vs オーストラリア(通算5勝/B1位)

▼Live Stats
http://www.fiba.com/womensasiacup/2017/2907/Australia-Japan

▼テレビ放送 フジテレビONE TWO NEXT(CS放送)
http://otn.fujitv.co.jp/b_hp/917200134.html

▼動画配信 DAZN(ダ・ゾーン)
https://www.dazn.com/ja-JP

【JBA大会特設サイト】
http://fibaasiacup2017-women.japanbasketball.jp/



■FIBA女子アジアカップ2017 日本代表選手メンバー

ヘッドコーチ トム・ホーバス (JBA)

#0 長岡 萌映子 (トヨタ自動車 アンテロープス)
#1 藤岡 麻菜美 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#6 大﨑 佑圭 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#7 水島 沙紀 (トヨタ自動車 アンテロープス)
#8 髙田 真希 (デンソー アイリス)
#12 吉田 亜沙美 (JX-ENEOSサンフラワーズ) ※CAP
#13 町田 瑠唯 (富士通 レッドウェーブ)
#20 近藤 楓 (トヨタ自動車 アンテロープス)
#22 河村 美幸 (シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
#30 馬瓜 エブリン (トヨタ自動車 アンテロープス)
#39 赤穂 さくら (デンソー アイリス)
#52 宮澤 夕貴 (JX-ENEOSサンフラワーズ)



■FIBA女子アジアカップ2017 大会概要

【開催期間】2017(H29)年7月23日(日)~7月29日(土)
【開催地】インド・バンガロール
【会 場】Kanteerava Indoor Stadium

【出場国】全15チーム
◎ディビジョンA:8チーム
[グループA]ニュージーランド、チャイニーズ・タイペイ、北朝鮮、中国
[グループB]韓国、フィリピン、日本、オーストラリア

◎ディビジョンB:7チーム
[グループA]スリランカ、インド、ウズベキスタン
[グループB]レバノン、シンガポール、カザフスタン、フィジー

【 FIBA女子バスケットボールワールドカップ2018 出場枠】
ディビジョンAの上位4チームが、2018年にスペインで開催される「FIBAバスケットボール女子ワールドカップ2018」の出場権を獲得する。

【JBA大会特設サイト】
http://fibaasiacup2017-women.japanbasketball.jp/

【FIBA大会公式サイト】
http://www.fiba.com/womensasiacup/2017/

スケジュールSCHEDULE

7月23日(日) 13:15 TIPOFF
第1戦

フィリピン

55-106

日本

7月24日(月) 15:30 TIPOFF
第2戦

日本

70-56

韓国

7月25日(火) 13:15 TIPOFF
第3戦

日本

74-83

オーストラリア

7月27日(木) 17:45 TIPOFF
準々決勝

日本

73-54

チャイニーズ・タイペイ

7月28日(金) 17:45 TIPOFF
準決勝

中国

71-74

日本

7月29日(土) 20:00 TIPOFF
決勝

日本

74-73

オーストラリア

※時間=現地時間(日本時間 -3h30m)

LINE@でつながろう